短期間で体脂肪を燃やす脚のトレーニングで体が引き締まったからメニューを公開してみる

2021/07/01

薄着の季節と言う事で、1か月ほど前から体脂肪の燃焼を目的としたトレーニングをしている。

最近そのトレーニングの効果が出てきて、全身の筋肉が強調されてお腹も引き締まってきた。

という事で、参考になるか分からないけど今やっている脚のトレーニングメニューを公開してみようと思う!

心拍数を高めて消費エネルギーを増やす

一般的に心拍数が高くなると消費エネルギーも増える。

なので標準的な脚のエクササイズに爆発的な動きをするエクササイズを組み合わせて、心拍数を高く保つようにしている。

現在やっている脚のトレーニングメニュー

現在やってるトレーニングは複数のエクササイズを数周、休息無しで繰り返すサーキット形式を中心とした強度の高いトレーニング。

ものすごく苦しいけど夏モードの体を作るにはピッタリだ。

画像クリックで拡大
Legs workout

各サーキット(サーキット1〜4)のエクササイズは休息無し(最小限に抑える)で3周こなし、サーキット間に少し長めの休息を取る。
この形式だと普通のトレーニングより扱える重量は減るけど、体を引き締める効果はアップする。

そして、インターバル形式の有酸素運動に似た運動パターンなので、普通のトレーニングと比べて呼吸の苦しさが数倍に跳ね上がる。
正直めちゃくちゃキツい(でもそこが楽しい)。

ゴブレットスクワットは普通のセットなのでセット間に60秒の休息を取る。
回数が多いからやっぱり苦しい。

最後のコンディショニングもセット間に60秒の休息を取る。
これだけのエクササイズをこなしてからだと60秒が一瞬で過ぎるように感じられる。

苦しいけど効果は高い!

全てのエクササイズを終える頃には恐らく地獄に落とされたのかと思えるような表情をしている。
ジムでやる時は注意が必要かもしれない。

でもその分効果は高く、ぱっと見で分かるほどお腹が引き締まってきた。
もちろん他の部位のトレーニングや食事の調整も関わってるけど効果があるのは間違いない。

今からでも夏モードの体を手に入れたい人は、このメニュー通りやってもいいし、参考にしてオリジナルメニューを作ってもいい。
ただし、万人に効果的で安全なトレーニングメニューなんて存在しないから自己責任でやってほしい。

ちなみに

ちなみにエクササイズが偏ってたりするのは、自宅で限られた器具とスペースを使ってやってるから。
トレーニングルームがあればいいのになぁ。

トレーニングメニューの表はMacの表計算アプリ、Numbersで作った。
簡単に見やすい表が作れるからオススメ。


Numbers
価格: ¥2,000(記事公開時)