週6日のトレーニングを続けるためにやってる事

2019/03/15

トレーニングが趣味で、週6日のトレーニングを欠かさずこなしている。

この話をすると高確率で「どうやって続けてるの?」と聞かれるので、普段どうやってトレーニングを継続しているのかブログに書いてみようと思う!

トレーニングをした日を記録する

まず、やっている事の中で最もシンプルなのがトレーニングした日の記録。

これは1日1回、トレーニングをしたかどうかを記録するだけ。

日記やカレンダーに書いてもいいけどアプリを使うと楽に記録できる。

僕が愛用しているのは「Lift」というiPhoneアプリ。


Lift – Your Daily Coach
価格: 無料(記事公開時)

このアプリを使えば登録した項目をスワイプするだけで記録することができる。

SNSのような要素もあって、フォローした人の習慣記録が見れたり、Prop(いいね)やコメントを残してお互いに励ましあったりできる。

Training habit 01

Liftにはカレンダー表示する機能があって、月ごとの記録が一目瞭然になる。

ちゃんと習慣が継続できていれば綺麗なカレンダーが完成して、途切れさせないように頑張ろうという気持ちになれる。

Training habit 02

計画を立てておく

トレーニング習慣を形成するには計画を立てておくという事も重要だと思う。

いざトレーニングをしようと思ってもどんなエクササイズをしようか迷っているうちにやる気が無くなってしまうかもしれない。

僕は1週間分のトレーニングプログラムをMacの表計算アプリ「Numbers」で作っている。


Numbers
価格: ¥2,000(記事公開時)

例えばこんな感じ。

順番やエクササイズ名、回数、休息時間などを見やすくまとめておけばトレーニング中に迷うこともなくなる。

もちろん最初からこんなに細かく作る必要はなくて「月曜・水曜・金曜はジョギングをする」程度のものでもいい。

Training habit 03

成長を可視化する

成長を可視化するのはモチベーションをアップさせるのに最も効果的な方法のひとつだと思う。

計測と比較で可視化することができる。

計測するものには体重や体脂肪率、ジョギングのタイム、扱えるバーベルの重量などがある。

僕は「Runmeter」というiPhoneアプリでジョギングのタイムを計測している。

ジョギングのタイムの場合「同じ距離を短い時間で走れるようになった」とか「同じ時間でより長い距離を走れるようになった」みたいな比較が簡単にできる。

Training habit 04

ウェアや器具を揃える

トレーニングやスポーツは形から入る事も大事だと思う。

機能的でかっこいいウェアを買い揃えればモチベーションアップになるし、怪我を防ぐこともできる。

僕のお気に入りはUNDER ARMOURという体にピッタリと密着するコンプレッションウェアの代名詞的なブランド。

少々値は張るもののかなり丈夫で、運動中も快適なので奮発して買い揃える価値はあると思う。

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)/日本オフィシャルサイト