TIMBUK2のラップトップバッグ「Rouge BackPack」がコンパクトなのに大容量で使いやすい

投稿日: カテゴリー 日常アイテムタグ ,

服装が冬仕様になって、夏の間使っていたメッセンジャーバッグが合わなくなってしまった。

これでは荷物の多い日は出かける事ができない!

という事で、今まで使っていたメッセンジャーバッグと同じメーカーTIMBUK2のラップトップバッグ「Rouge BackPack」を買ってみた!

メッセンジャーバッグの老舗メーカー

TIMBUK2は主に自転車乗りの人が使いやすいバッグを作るメーカーで、メッセンジャーバッグの代名詞とも言えるくらいメジャー。

今年の7月に初めてTIMBUK2のメッセンジャーバッグを買って超お気に入りになった。

自転車乗りのためのカバンTimbuk2 Classic Messengerが使いやすくて気に入った! | アイデアジム

普段使いにも自転車乗りにも便利なラップトップバッグ

今回買った「Rouge BackPack」は15インチまでのラップトップ(ノートパソコン)が入るバックパック。

ラップトップ用のスペースはもちろん、複数の小物用ポケットやボトル用ポケット、U字ロックを固定するためのループなどが付いていて、自転車乗りには持ってこいな仕様。

Timbuk2 rouge 01

フタの部分はマジックテープと樹脂製の留め具の2段階仕様。

Timbuk2 rouge 02

正面にはジッパーポケットが付いていて、財布や名刺入れや自転車のライトみたいなすぐに取り出したい小物を入れておくのに便利。

ポケットの外側にはU字ロックなどを固定しておけるループが付いている。

U字ロックをカバンの中に入れると他の物を傷つけてしまうのでいい機能。

Timbuk2 rouge 03

右側にはボトル用のポケットがある。

500mlのペットボトルくらいのサイズなら余裕で入る。

Timbuk2 rouge 04

左側にはU字ロックなどを固定できるループがもう一つ。

カラビナを付けて何かをぶら下げるために使うのもいいかも。

Timbuk2 rouge 05

容量はリットルで言うと27L。

長期旅行でなければ(個人的には)十分な容量。

背中側にはラップトップ用のスペースがあって、反対側にはペンホルダーやポケットがたくさん付いている。

Timbuk2 rouge 06

ラップトップ用のスペースはメッシュになっていて、上側はマジックテープ付きのベルトで抜け落ちないようになっている。

Timbuk2 rouge 07

スリーブに入れた11インチのMacBook Airを入れるとこんな感じ。

15インチまで対応なだけあってかなり広くて余裕がある。

Timbuk2 rouge 08

反対側のポケットは小物用3つとペンホルダーが3つ。

さらにその奥に大きいジッパーポケットが1つ。

小物用のポケットはモバイルバッテリーやメガネケースを入れるのにピッタリだった。

Timbuk2 rouge 09

ジッパーポケットにはケーブルや目薬なんかを入れておくとごちゃごちゃしなくていい。

Timbuk2 rouge 10

MacBook Airとボルダリングシューズ、着替え、メガネケースなどの小物、さらにサイドにボトルを入れてもまだ半分くらい余裕がある。

Timbuk2 rouge 11

この状態でフタを閉めるとこんな感じ。

生地がしっかりしてるので下だけ膨れてパンパンみたいな不恰好な見た目にならない。

Timbuk2 rouge 12

背負うとこんな感じ。

両サイドは折りたためる仕様なので中身が少ないとかなりコンパクトになる。

上の方が薄くなるのは上着のフードが乗っからなくて地味に快適。

Timbuk2 rouge 13

手頃な価格で買えてすごく快適

この質・使い勝手で値段は1万円以下(記事公開時)なのはものすごくコスパに優れてると思う。

去年の冬はグレゴリーのデイパックも使ってたけど、これからはこっちをメインで使っていく事にした。

普段からラップトップを持ち歩く人、特に普段自転車で移動する人には超おすすめなのでチェックするべし!

関連

自転車乗りのためのカバンTimbuk2 Classic Messengerが使いやすくて気に入った!

自転車で旅行をして実際に役に立った装備と持ち物まとめ