ほのかな苦味がアクセントになって美味しい「ししとうキーマカレー」のレシピ

今までカレーを作る時はにんじんとか玉ねぎみたいな「甘い野菜」とか、ナスとかキュウリみたいな「水気の多い」野菜ばかり使ってました。

毎回こういう野菜ばっかりなのも飽きるなーと思って、新しいジャンルの野菜を使ったカレーを作ってみました。

その新しいジャンルとは苦味や辛味のある「ピーマン・唐辛子系」の野菜!

という事で今回は「ししとう」を使ったキーマカレーを紹介します!

材料(4人分)

鶏の胸肉のひき肉 400〜500g
玉ねぎ 2個
ししとう 15〜20本
トマト 2個
しょうが 適量
にんにく 適量
塩 小さじ2
水 100ml
サラダ油 大さじ3

クミンシード 小さじ1(お好みで)
ターメリックパウダー 小さじ1/2
カイエンペッパー 小さじ1/2
コリアンダーパウダー 小さじ2
ガラムマサラ 小さじ1(お好みで)

Shishito keema curry 01

下ごしらえ

まずは下ごしらえで野菜を全て切っておく。

玉ねぎは縦に2つに切ってから、横向きに5mm間隔くらいでスライスしていく。

Shishito keema curry 02

トマトはみじん切りにする。

煮込む段階で潰すので形を気にせず細かく刻めばOK。

Shishito keema curry 03

ししとうはヘタを取って半分に切る。

Shishito keema curry 04

作り方

まず中火でサラダ油とクミンシードを温める。

クミンシードは入れた方が香り豊かになるけど、無い場合は入れなくても美味しく作れる。

温めの目安はクミンシードの色が変わって、シュワシュワ泡が出るまで。

Shishito keema curry 05

玉ねぎを入れてヘラで鍋底いっぱいに広げる。

焦げに注意しながらたまにひっくり返すくらいにすると早く炒めることができる。

Shishito keema curry 06

ある程度火が通ったらかき混ぜながら写真と同じくらい茶色になるまで炒める

Shishito keema curry 07

弱火にしてしょうがとにんにくをチューブ4〜5cm分くらい入れる。

焦げやすいので軽く炒めたら次に移る。

Shishito keema curry 08

中火にしてトマトを入れる。

トマトをヘラで潰すように1分くらい炒める。

Shishito keema curry 09

弱火にしてターメリックパウダー、カイエンペッパー、コリアンダーパウダー、塩を入れる。

全て入れたらしっかりかき混ぜる。

Shishito keema curry 10

中火に戻して水を入れてかき混ぜる。

沸騰するまで温めたら3分くらい煮る。

Shishito keema curry 11

ひき肉を入れて、白くなるまでかき混ぜながら炒める。

白くなるまでかき混ぜないと、ひき肉が固まりになるので注意。

Shishito keema curry 12

ししとうを入れてかき混ぜる。

ここで入れると味が染みて美味しいけど、煮込んでる途中で入れても食感がしっかり残って美味しくなると思う。

Shishito keema curry 13

蓋をして弱火で10分煮込む。

5分経ったら1回かき混ぜて全体に火が通るようにする。

Shishito keema curry 14

蓋を取って中火で1〜2分煮込む。

この時ガラムマサラを入れて煮込むとより美味しくなる。

Shishito keema curry 15

ししとうキーマカレー完成!

Shishito keema curry 16

ほのかな苦味がアクセントになって美味しい!

ししとうキーマカレーは甘味のある野菜や水気の多い野菜を使ったカレーと違ってほのかな苦味がアクセントになって美味しかったです!

たまに辛いししとうが混ざってるのも食べてて楽しい!

ぜひ一度作ってみてください!

関連

カレーレシピまとめ | アイデアジム