初心者でもできる!ロードバイクのバーテープを交換してみた!

投稿日: カテゴリー 自転車タグ

夏の運動も大好き@msato021です。
日焼け跡が付くと「夏を満喫してるなー!」と嬉しくなります。

まあそれは置いといて。
僕が高卒すぐくらいの時にほぼ全財産を使って買ったロードバイク。
ここ1年ほど庭の自転車置き場に置きっ放しにしてたおかげでバーテープが劣化しまくり。

このままだとグローブや服が汚れまくるので初めてのバーテープ交換にチャレンジしてみました!

バーテープ=ハンドルのグリップ

バーテープとはハンドルにグルグル巻いてあるテープ。
普通の自転車に付いてるゴムのグリップみたいなもんです。
今回これを交換しました。

用意した物

僕が交換に使った物は

  • 新しいバーテープ
  • ビニールテープ
  • ハサミ
  • KURE 5-56(糊を落とすため)
  • ウエス(汚れを拭くため)

新しいバーテープは濡れに強いOGK KABUTOのコットンタイプにしました。

まずは剥がす!

まずは忌々しいベチャベチャのバーテープを剥がす!

ブラケットのカバーを裏返す。
意外と柔らかかった。

エンドキャップを外す。
こいつがなかなかの強敵。
とにかく抜けにくくて力づくで引っこ抜いた。

ベリベリ剥がす。
糊と汚れが残ってるのでKURE 5-56をウエスに付けて綺麗にします。

両方剥がして綺麗に。
糊のせいで塗装も剥がれたけど気にしない!

新しいバーテープを巻く!

綺麗になったら新しいバーテープを巻いていく。

最初は少し飛び出させて1周巻くらしいです。
後は3分の1くらい重ねてしっかり巻いていく。

写真は失敗した時のもの。
3分の2重ねてた。

両手で巻かないといけないので写真が少ない。
難しそうなブラケットの辺りも割と綺麗に巻けました。

大体巻けたら最後の部分を斜めにカットして巻き終わりをまっすぐにする。

ビニールテープで留めて、上から付属のテープを貼る。

最後にエンドキャップを付ける。

完成!
初めてにしてはなかなかの出来!

ただ、巻き終わりを下に持ってきた方がカッコよかった。
今度はそうしよう。

おわりに

難しかったですが、初めてでも結構綺麗に巻けました。
店が遠くて持ってくのが面倒だったり、安く済ませたい場合は自分で交換するのも全然アリだと思います!

これで安心して自転車旅行できるぞおおお!

関連記事