ダマができないプロテインシェイカー「Blender Bottle」

投稿日: カテゴリー 栄養タグ ,

プロテインを飲むために必須のアイテムであるプロテインシェイカー。

メーカーやモデルによって形や機能性が大きく変わるので今まで何種類か使ってきたんですが、ついに最高のプロテインシェイカーを見つけました。

携帯性と抜群の混ざりやすさを兼ね揃えた「Blender Bottle(ブレンダーボトル)」です!

コンパクトで混ざりやすいプロテインシェイカー

このブレンダーボトルは鞄に入れて持ち歩きやすいサイズで、しかも”ある工夫”によって抜群に混ざりやすいプロテインシェイカーです。

本体と蓋にはラバー素材のグリップが付いていて滑りにくくなっています。

Blender bottle 01

サイズは高さ198mm×直径76mmと500mlのペットボトルに近く、小さめの鞄にも綺麗に収まります。

僕が愛用しているメッセンジャーバッグTimbuk2 Classic Messengerにもジャストフィット(写真右側)。

これだけ細いと洗う時に手が入りませんが、素材のおかげなのか水を入れてシェイクするだけで綺麗になるので問題ありませんでした。

Blender bottle 02

飲み口は直径30mmと広めで飲みやすくなっています。

蓋の部分も指で押さえやすくなっていて、飲んでる途中で下がってくる心配がありません。

Blender bottle 03

容量は600ml(目盛りは500ml)と少なめですが、通常200mlでシェイクする分には十分の容量です。

パッキンは埋め込み式ではなく蓋と一体化していて、水分が残りにくくカビにくくなってます。

シェイカーの臭いは埋め込み式のパッキンが原因な事が多いので重要なポイントです。

Blender bottle 04

上に書いた”ある工夫”とは「ブレンダーボール」という泡立て器のようなボールです。

このボールを入れてシェイクすると、驚くほど簡単にダマのない滑らかなプロテインドリンクが完成します。

特にカゼインプロテインのような混ざりにくいタイプをシェイクする時には絶大な効果を発揮してくれます。

ボールはバネのように柔らかく、潰すこともできるため簡単に洗えて衛生面も安心です。

Blender bottle 05

少し高めだけどおすすめ!

値段が2000円弱(記事公開時)とシェイカーとしては少々高めですが機能性を考えれば安いものです。

今使っているシェイカーだとダマができるという人はぜひ買ってみてください!

栄養カテゴリの最新記事